農業科

学科目標

日本農業の基礎、稲作・畜産を専攻し動植物の生命を育む農業経営者を育成する。

主な専門科目

農業科学基礎、農業情報処理(コンピュータ)、総合実習、植物バイオ、環境科学基礎、農業経営、農業機械、課題研究、生物活用

学習の狙い

作物専攻

  • 実習水田を学科の特性及び学年の発達段階に応じた学習形態によって、それぞれ分担し、実践的学習を通して、稲作の知識・技術を身につけると共に、 将来の稲作経営改善への意欲を高める。

畜産専攻

  • 【養鶏】ニワトリの成長過程を観察させることで、生理状態に興味関心をもたせる。また、養鶏に必要な知識・技術を実践学習の中から取得させ、自ら進んで飼育管理ができる 素質を養う。また、食べ物やニワトリを大切に、感謝する態度を育てる。
  • 【養豚】ブタの特性を知り、発育・飼育段階での正しい飼養管理技術を体験の中で身につける。それとともに、資源を有効活用し、環境に考慮した循環型畜産の発展向上に努める。
  • 【酪農】乳牛、肉牛の特性を理解し、体験学習を通じて飼養管理技術を体得し、酪農、肉牛経営の改善・向上に努める。 
ページのトップへ戻る