園芸科

学科目標

野菜・草花・果樹・造園・植物バイオテクノロジーなど園芸に関する知識・技術を習得させ、次代の農業を担う人材を育成する。

主な専門科目

【1年次】

専門科目:農業と環境、総合実習、植物バイオテクノロジー

【2年次】

専門科目:類型(露地野菜/施設野菜Ⅰ/施設野菜Ⅱ/草花/果樹/造園/植物バイオテクノロジー)、総合実習(類型と同じ)、農業機械、農業情報処理、農業経営、作物(選択)、野菜(選択)

【3年次】

専門科目:専攻(露地野菜/施設野菜Ⅰ/施設野菜Ⅱ/草花/果樹/造園/植物バイオテクノロジー)、総合実習(専攻と同じ)、課題研究(専攻と同じ)、農業経営、水循環、食品製造(選択)、生物活用(選択)、食品流通(選択)、グリーンライフ(選択)、微生物基礎(選択)、農業経済(選択)

各専攻班の学習内容

露地野菜専攻

  • 露地畑で野菜栽培に関する基礎的な知識・技術を習得するとともに、勤労を尊び、生産を喜ぶ態度を養成する。また、良質野菜を多く収穫し、出荷できる圃場経営を図る。
  • 【研究テーマ】「露地栽培における良質な野菜作りを目指して」

施設野菜Ⅰ専攻

  • トマト・キュウリをはじめとする施設野菜の生産と経営に必要な知識と技術を習得させ、野菜の特性や生産に適した環境を理解させるとともに、品質と生産性の向上及び経営の改善を図る能力と態度を育てる。
  • 【研究テーマ】「トマト・キュウリの収量増加及び品質向上に向けて」

施設野菜Ⅱ専攻

  • 施設を利用した野菜栽培に関する基礎的知識・技術を習得する。特にイチゴとメロンについての品質向上・省力化の研究を行い、収量増加を目標に技術の向上を目指し栽培を行う。また幼稚園、中学校とも交流し生産の喜びを伝える活動も行っている。
  • 【研究テーマ】「高品質なメロン・イチゴの栽培をめざして」

草花専攻

  • プロジェクト学習をとおして草花の栽培・経営・園芸デザインに必要な知識・技術を習得させ、草花の特性や栽培に適した環境を理解させるとともに、将来、農業経営者・園芸技術者として、品質と生産性の向上を図る能力と態度を育てる。
  • 【研究テーマ】「草花の生活的利用について」

果樹専攻

  • 果樹(リンゴ・ナシ・モモ)の実践的栽培学習を通して、果樹の栽培管理や経営に関する知識・技術を習得。また、地域への販売実習を通してコミュニケーション能力・態度を育むことを目標とし、活動をしている。
  • 【研究テーマ】「白いリンゴを栽培する」袋がけを行う時期、種類によって、通常とは異なる“白いリンゴ”を作ろうと取り組んでいる。食味や保存の仕方などを調査・研究している。

造園専攻

  • 樹木の育成・会入りや緑地の整備を通して、人間の生存環境の保全・形成の役割を理解させ、たくましく環境緑化に取り組む心を育てると共に、それに必要な知識と技術を習得させる。
  • 【研究テーマ】「自然木プランタを用いた省スペースの庭づくり」

植物バイオテクノロジー専攻班

  • バイオテクノロジー技術を利用して、野菜や樹木の耐病性や様々な環境への抵抗性といった能力を発現する育種を行う技術を習得する。本部門では現在、樹木で桜を7品種、野菜でサツマイモ、イチゴ等で5品種、草花で5品種扱っている。
  • 【研究テーマ】1.「宮農 復興の桜」に関する研究/2.「耐乾性」を持ったイチゴの品種改良に関する研究/3.「サツマイモ」のウィルスフリー苗を高効率・低コストで生産するための研究と再資材化プ ロジェクト
 
ページのトップへ戻る